吉祥寺村立雑学大学2099回(2021/11/6)雑大レポート 「神村光洋写真展『不在を撮る』を終えて」

====== 本記事は、雑学大学に参加された方によるレポート記事です ======

 1948年台東区生まれ、1952年から武蔵野市に住む。高校時代から写真を始め、1966年日芸大芸術部写真学科入学、1969年中退し、コマーシャル写真を取り始める。1996年「壁」を新宿ニコンサロンで開催し写真集を発行。1998年「ZOO」銀座ニコンサロンで開催し「第23回伊奈信男賞」受賞、「街」「Zoo=海外編」「Beyond infinity」を経て、今回の「不在を撮る」(10/26〜10/31 練馬区立美術館区民ギャラリー)を開催し、写真集を発行(発行:建築の建築)

プロの「生写真」を見ながら芸術写真を「感じる」
講師:神村 光洋 氏