2022年は動物園の節目の年! 記念企画展「日本の動物園と水族館は東京から始まりました」が開催されます

2022年で開園80周年を迎える井の頭自然文化園。さらに、上野動物園は開園140周年を迎えます。これを記念して、4月29日(金・祝)から5月8日(日)まで、JR東京駅前JPタワー・KITTE地下1階にて記念企画展が開催されます。

記念企画展「日本の動物園と水族館は東京から始まりました」 概要

この企画展では、今回開園140周年・80周年を迎える各園の歴史的トピックを、当時の貴重な写真とともに見ることができます。また、野生生物の保全活動など、現代の都立動物園・水族園の取組みについてもパネルなどで紹介される予定です。

上野動物園の歴史

上野動物園は、明治15(1882)年に農商務省所管の博物館付属施設として開園した、日本で最初の動物園なんです。開園当初の園内に設置されていた観魚室「うをのぞき」は日本最初の水族館でもあるため、日本の動物園と水族館はここから始まったといえるんだとか。さすがは上野動物園ですね!
その後は、大正13(1924)年に皇太子殿下(昭和天皇)ご成婚を記念して東京市に下賜。戦時中と戦後の復興を経て、昭和47(1972)年のジャイアントパンダ初来園を機にさらなる発展を遂げました。現在もジャイアントパンダ「シンシン」と2頭の子ども「シャオシャオ」と「レイレイ」が上野動物園で暮らしています。
現在では日本を代表する動物園として、世界中の多様な野生動物の飼育展示と繁殖などを通じて野生動物保全の重要性を広く伝えています。

井の頭自然文化園の歴史

井の頭自然文化園は昭和17(1942)年、「行楽の間に自然科学の知識普及の向上に寄与する」という目的のため開園し、動物園のほか、彫刻館、資料館などが併設され、自然と文化が調和した施設となっています。平たく言うと「入門向け動物園」といえますね。
 昭和29(1954)年にはアジアゾウのはな子が来園し、平成28(2016)年に国内最高齢の69歳で死亡するまで、当園のシンボルとして多くの方から親しまれました。近年では、二ホンリスの放し飼いを行う「リスの小径」(平成4[1992] 年公開)や、さまざまな野生の生き物が集まるしかけを施した「いきもの広場」(平成23[2011]年公開)など、身近にくらす日本の野生動物の飼育展示と、子どもたちにも親しみやすい体験活動を重視しています。

都立動物園・水族園の取組み

開園から節目の年を迎える2園のほか、多摩動物公園と葛西臨海水族園も合わせた4園で連携し、絶滅が心配される野生生物の保全活動などの現代的な使命を共有して、一体で取り組んでいます。

動物園の歴史と今を知って、動物たちに想いを馳せよう

節目の年を迎える井の頭自然文化園と上野動物園。現在はどちらも休園中ですが、動物たちは今も動物園で暮らしています。再開園が待ち遠しいところですが、この機会に動物たちだけでなく、動物園そのものの歴史に触れてみるのも面白いと思います。動物園が再開したら会える動物たちに一層愛着が湧くこと間違いなしです。

参考)

東京ズーネット

https://www.tokyo-zoo.net/