子どもたちの絵を大募集「ムサシノサウルス発見!恐竜の絵を描こう!」

武蔵野市立吉祥寺美術館は、子ども向け公募ワークショップ『ムサシノサウルス発見! 恐竜の絵を描こう!』を開催する。

今回のワークショップは、恐竜絵本作家の黒川みつひろとコラボしたイベント。

井の頭恩賜公園の井の頭池から、恐竜の骨がみつかり『ムサシノサウルス』と名付けられたと想定して、自分で考えた『ムサシノサウルス』を募集している。

※「ムサシノサウルス」の発見はフィクション。

クレヨンや色鉛筆、水彩など、画材は自由。

はがきサイズの紙に描いて、吉祥寺美術館宛に郵送すること。6月20日(日)必着。

応募作品の中から、次回の子ども向けワークショップ「絵本空間をみんなで作ろう! ムサシノサウルスの住む世界」(仮称)に登場する、主人公のモデルが決定する。

申し込み詳細はWebを確認。

このイベントについて