子ども向けワークショップ「ムサシノジュラシック大作戦」

内容

2021年、武蔵野市立吉祥寺美術館では、講師に恐竜絵本作家の黒川みつひろを迎え、子ども向けワークショップ「ムサシノサウルス発見! 恐竜の絵を描こう!」を開催いたしました。「井の頭恩賜公園の井の頭池から、恐竜の骨がみつかった」という設定で「ムサシノサウルス」を大募集。834人の子どもたちが作品を応募してくれました。

応募作品は、「ムサシノサウルス大集合! 黒川みつひろといっしょに作る展覧会」<期間:2021年7月31日~8月11日 場所:武蔵野市立吉祥寺美術館>にて、黒川みつひろの絵本原画とあわせて、全点展示。そして、834頭のムサシノサウルスのなかから、今回のワークショップの主人公に選ばれたのが「ハジメサウルス」です!

今回の講師は、イラストレーターの小池アミイゴ。これまで日本中で子どもたちと絵を描いてきた経験を生かし、「ハジメサウルス」を主人公にムサシノサウルスの住む世界を表現。心も体も振り切った絵の具遊びで、気持ちの良い絵画体験をしてみましょう!

ワークショップで生まれた作品は、武蔵野市立吉祥寺美術館で2022年3月に展示します。

このイベントについて

開催日
2月26日(土)〜2月27日(日)
料金など
メールで申し込み。2月17日(木)必着
会場
武蔵野市立吉祥寺美術館 音楽室