浜口陽三記念室『終わらない情景』

浜口陽三記念室では『終わらない情景』が新しい常設展として10月16日から始まります。

浜口陽三(1909-2000)は、カラーメゾチントという独特な銅版画の技法を開拓しました。

創作した主要作品の数々を広く公開しています。

また、初期のモノクロームからカラーメゾチントに至る銅版画作品やその原版、道具類もあわせて展示しています。

このイベントについて