フランスと日本が合わさった、芸術的で新しいパティスリー「Sébastien Bouillet(セバスチャン・ブイエ)」がアトレ吉祥寺にやってきます

世界的に著名なパティシエ・ショコラティエで構成される菓子職人の国際協会「ルレ・デセール」。そのメンバーであり、食の都であるフランスのリヨンに店舗を持つ「セバスチャン・ブイエ(Sébastien Bouillet)」が3月3日(木)、アトレ吉祥寺に新店舗を開きます。

フランスと日本が合わさった、芸術的で新しいパティスリー「Sébastien Bouillet」

フランスのリヨンと日本にお店を持つパティシエ・ショコラティエのセバスチャン・ブイエ。美食の国フランスの確かな技術と、日本の素材から得たインスピレーションにより生まれたスイーツは国境を越えて私達にクラシックスイーツの新しい提案をしてくれます。

セバスチャン・ブイエ

セバスチャン・ブイエのスイーツに込められた「柔軟であり斬新」という想い通り、独創的かつ芸術的なアイデアは常に人々を驚かせ笑顔にしています。私はルージュ型のショコラ「ルージュ ア レーブル」を始めてみたとき、本物の化粧品にしか見えませんでした。これは本当にびっくりです!

セバスチャンが日本で得たインスピレーションもお菓子作りに影響を与えているといいます。日本の文化に合うお菓子を作るためオリジナルで開発された焼菓子「タルトレット」は、セバスチャンがリヨンでも販売を開始するほどのお気に入りだそう。タルト生地にマドレーヌやフィナンシェなどを入れ、フルーツやナッツを合わせられたタルトレットはバラエティに富んでいて、ティータイムを華やかに彩ってくれそうですね。

店舗情報

セバスチャン・ブイエ アトレ吉祥寺店

詳しい情報をみる
住所
  • 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺 本館1F

参考)
セバスチャン・ブイエ
セバスチャン・ブイエ 公式Twitter
【予告】『セバスチャン・ブイエ 』OPEN!