週刊きちじょうじ

週刊きちじょうじ
毎週金曜日発行のフリーペーパー。吉祥寺駅周辺のお店や公共施設で、無料でお配りしています。
シリーズ一覧

今週の週きちは?週刊きちじょうじ恒例! 武蔵野市長インタビュー(2024年1月26日発行・2551号)

フリーペーパー週刊きちじょうじ【1/26・2551号】が発行になりました! まだまだ寒い日が続いていますね。そんな冬でも元気いっぱい! 今週の表紙のリスちゃんはスキーで冬をエンジョイ中! 水色の表紙を見つけたら、ぜひもらってくださいね〜!

2551号の注目は、週きち恒例・新武蔵野市長インタビュー。小美濃安弘市長が考える吉祥寺の「まちづくり」とは?

昨年末に執行された市長選で新市長に就任した小美濃安弘氏。小美濃市長が公約に掲げていた「吉祥寺への再投資」や「まちづくり」、小美濃市長の出身でもある吉祥寺の思い出などを中心にお聞きしました。吉祥寺南口のパークエリアの再整備についての構想も、地図を交えながら紹介しています。

Web記事もぜひご覧ください。

トピック

今週の井の頭自然文化園大好きっ子倶楽部は…

ひなたぼっこする動物たちを紹介しています! とってもかわいい…こればっかりはぜひ写真を見てほしい…!
今週号の週刊きちじょうじをゲットして、確認してくださいね! 井の頭自然文化園さんでも配布していただいています!

他にも、2月2日「世界湿地の日」にちなんだ観察イベント「冬のトンボはどうしてる? 都心の水辺でだいそうさく!」についてもお届け。専門家の方のお話を聞きながら、水辺にすむトンボの生態を観察するイベントです。

冬のトンボはどうしてる? 都心の水辺でだいそうさく!

トンボ研究者の二橋氏からトンボについてお話を聞いた後、園内でトンボを探し、その体の特徴を観察します。また、これまで研究してきたことやトンボがすみやすい水辺の環境についてもお話していただきます。 対象 小学3~6年生とその家族16組(1グループ3人まで)※先着順 持ち物 汚れてもよい服装、長靴、タオル、念のための着替え 締切 2024年2︎月2︎日(金︎)送信分まで

  • 開催日
    2024年2月3日(土)
    時間
    13:00~15:45
  • お問い合わせ
    0422-46-1100 井の頭自然文化園 教育普及係 ※受付時間:9:30~17:00
    会場

    井の頭自然文化園

    〒180-0005 武蔵野市御殿山1-17-6

    JR中央線・総武線、京王井の頭線、各線の「吉祥寺駅」南口(公園口)から徒歩約10分

  • 出演
    講師 二橋 亮(国立研究開発法人 産業技術総合研究所) 【二橋 氏プロフィール】  富山県生まれ。小さなころから家族で昆虫を追いかけ、トンボ調査にあけくれながら東京大学理学部生物学科卒業、2006年に同大学大学院新領域創成科学研究科にて博士号を取得。日本学術振興会特別研究員、東京大学大学院新領域創成科学研究科客員研究員などを経て、2009年より産業技術総合研究所常勤職員として勤務。現在は進化生物学、生化学、発生生物学、遺伝学などを用いて、トンボを含めた幅広い昆虫の体色や模様、その構造や雌雄差について研究。『トンボの調べ方』(文教出版)、『ネイチャーガイド 日本のトンボ』、『ヤゴ ハンドブック』(いずれも文一総合出版)などの著者でもある。
    プログラム
    内容 1.トンボってどんないきもの? ふしぎがいっぱいトンボのひみつ 二橋氏の研究のテーマを交えながらトンボの特徴などを紹介 2.都心の水辺でトンボをさがそう「いきもの広場」の池で、トンボの幼虫(ヤゴ)を採集 ※当日の天候等により内容を変更する場合があります。 3.こんなにすごいぞヤゴたち マイクロスコープなどを使って、ヤゴをじっくり観察 4.トンボがすみやすいのはどんなところ? 都会では少なくなったトンボを守るためにできることを考える

週刊きちじょうじでは、サポートメンバーズを大募集!

週きちサポートメンバーズの方には、メールマガジンにて毎週配布前にいち早く誌面のデータをお届けしたり、オリジナルの壁紙をプレゼントしています!

週きちサポートメンバーズについて知りたい方はこちらを見てね!

週きちを応援したい!という方はこちらから登録できます!

週刊きちじょうじ サポートメンバーズショップ

今週の週刊きちじょうじも、ぜひぜひお楽しみくださいね!

次号は2月2日発行予定です!